きものde和モダン

ココログより、ライブドアへブログを引っ越しました。

金沢の小さな美容室の着物語りに、どうぞ お付き合いください。

総絞りの訪問着 で結婚式へ

忙しくなる前に…  ちょっと連投になります


前回に続き、時期を外してしまいましたが 、 春、新緑  の頃の結婚式に


ご参列の方の お着物姿 をご紹介します。



ご友人の結婚式へご列席のため、県外から わざわざ ご予約頂きました  お客さま。



『辻家庭園』  での 挙式と披露宴… 


お着物は、落ち着いた  季節にぴったりの  藤色の 絞りの訪問着。



落ち着いた色合いながら、段染めが鮮やな お着物を  お持ちになりました。 


久々にお召しになるとのことで、帯揚げや帯締め を、ピンク系のものと、新たにご用意されたという 紺系のもの など、いくつかを ご用意されていらっしゃいました。


色々組み合わせてみて、春らしい色目、若さ感を出した色目、大人っぽいイメージ など 幾つか お試しに。


最終的には、ご自身が一番しっくり くる 紺系の小物合わせ を 選ばれました


帯は、小物の色づかいに合わせて、表面にくる 柄を 締め方で調整して、寂しい雰囲気にならないように、結びました。


お太鼓結びといえど、正面の 帯の色合いも 大切ですので、美容師として こだわりたい部分 でもあります。


正面の画像  を 写し忘れまして、雰囲気が わかりませんね…  ゴメンなさい



ショートボブ のスタイルを 自然にセットして、作りすぎない ナチュラルだけど、キチンと感のある オトナなお着物姿に 仕上がりました



会場の『辻家庭園』は、県外から 招いたお客さまが とても 喜ばれる  金沢らしい  人気の 結婚式場 です。



寺町といえど、通りに面せず、わかりにくい立地ではありますが、この辺りに長く住まう人々にとっては、由緒ある、昔ながらのお屋敷 です。


最近は このお屋敷ブームに あやかって、寺町界隈 も 町家を改装したり、名家のお屋敷 を 新装した お店ができたりと  この夏以降も 次々に 開店する 新店舗  が 増えています。


うちのサロンも  寺町の隣町 ということで、ご近所さんや、お客さま方 の  お噂 が 絶えない  新しいスポット を 楽しみにしています。



話しを戻しまして…


この度は、遠くから   うちのサロンをお調べ頂き、ご予約とご来店  ありがとうございました。


寺町など こちらへ お寄りの際は、また どうぞ  お立ち寄りを…

春の装い 花柄 訪問着

ずいぶんと 間が空いてしまいました



今週、入学式時の画像を お客さまから 頂きましたので  今更ですが、春らしい お姿を ご紹介します。



小学校の入学式のお着物姿…  


総花模様の お母さまゆずりの 訪問着 。。。


お二人目のお子さんの 二度目の小学校入学式に、前回とは 違うお着物と帯、小物 で…  
コーディネート しました。


春らしさと、一年生のお母さまらしい 初々しさ 溢れる お着物です✨


お着物が総柄なので、帯は オレンジ系のおめでたい金の地色に刺繍がポイントの袋帯。


結婚式などにも つかえる 格式ある 帯で、柄のお着物に合わせて、安定した装い となります👍


フューシャピンクの 共布の帯揚げと伊達襟で、統一感を出し、引き締めた小物づかいです。


帯締めに同系色の 帯留めを合わせて、可愛らしさの中に、こなれ感を 出しました。



行事ごとにお着物をお召しになっているので、よくお似合いですね💖



入学式 にふさわしい きものコーデ

いよいよ明日から4月


新入学、新生活が始まりますね


ウチのサロンの着付け室も、門出に花を添える お客様の着物が 並んできました。


入学式用に 着物コーデを お願いされた お着物に、半襟や伊達襟などのコーディネートして、毎日 準備しています。

卒業式に比べると、華やかさを添えて 春らしさを出せる 入学式のお着物は、コーディネートが 楽しいですね。

着物に合わせて、カジュアルな柄が多い着物なら、帯や帯留め で キチン感 をUPします。


また、結婚式にも通用しそうな 豪華な 紋付の訪問着なら、帯を大胆に 玄人好みのものを
合わせて、結婚式風にならないように、こなれ感 な雰囲気にします。






入学式の着物選びの基本は、まず  色目が 春らしいものであること。

中学生や高校生の入学式なら、少しずつ  落ち着きある色目や、柄の少ないものを選ぶのがおすすめです。


きものの種類でいえば、訪問着を着る人が一番多いと思います。

ですが、付け下げ訪問着と言われる 付け下げと訪問着の中間のものや、小紋よりも落ち着きのある、飛び小紋、紋付の付け下げ… と、様々ですが、今の時代では きものの種別を細かく 区別できる人は、呉服屋さんで無い限り、わかる人はあまり居ないと思います。


なので、絶対にダメといえる着物をわかっていれば 安心して 選べます


入学式や卒業式に ふさわしくないのは、完全な街着といえる ウールや木綿、合繊のプリント素材の着物。  また、どれだけ手が混んでいて、高価であっても大島紬や牛首紬などの  織物 の着物も 普段着の装いとなります。

時々 見かけるのは  色留袖 の方。 立派な三つ紋 の色留袖は、やはり留袖 ですから、結婚式、叙勲式など  格を重んじる 場の 式服です。お母さんが主役ではないし、式を主催する 学校の先生方 よりも 格上を装うべきでは ありません。


紋付の付け下げ、紋付の訪問着 でないとダメですか? と、聞かれる事がありますが、  入学式の場合は 紋のあるなしに、そんなにこだわる必要は無いと思います。


紋が付いていなくとも、入学式にふさわしいコーディネートにするなら、帯は着物の格よりも少しでも 上のものを選ぶこと。


帯締めは、街着用の細いものや、飾り付きのくだけた感じのものではなく、帯の格に合わせて、品のある平織りのきちんとしたものを合わせます。


また、普段着に主流の 名古屋帯はやめましょう。二重太鼓が結べるしっかりとした帯を選びましょう。


重ね襟(伊達襟)をする事で、 お祝いの日 の証し となります し、胸元の華やかさが違います。


バッグは 結婚式に持つような 金銀の 西陣織のバッグや、携帯しか入らないようなパーティ用のクラッチバッグは、 不要です。

学校の書類や、筆記用具、内ばきなどが入る  着物に合う手提げバッグや、 持ち手が短めのハンドバッグ などを持つのが、学校行事にはおすすめです。

ヘアスタイルは、年齢によって お好みのアップスタイルは様々です。

お茶会のような、抱き合わせや、夜会巻きのような きちんとした まとめ髪 や、三つ編みを 取り入れた まとめ髪でも 着物に似合うスタイルで、派手すぎないものなら 大丈夫です。


髪飾りは、パーティのような 花飾りや成人式のような ゴージャスなものは ダメです。
玉かんざしなども  入学式には合いません。
チラっと 輝く 櫛かざりや、小さなパールや小花 で十分です。

入学式まで、後 一週間ですね✨✨
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: