きものde和モダン

ココログより、ライブドアへブログを引っ越しました。

金沢の小さな美容室の着物語りに、どうぞ お付き合いください。

最後の振袖・・・

先日、新婚旅行を終えられ、「挨拶まわり」をされるという 新婚さんの着付けをしました。

金沢でも 結婚後の 「ご挨拶まわり」には、振袖を着るという慣わしは、まだ残っています。

ご本人いわく、これが最後の振袖か・・・」と、着付けを見守るお母様も感慨深いご様子でした。

こちらの振袖、とても立派なもので、お目出度い古典柄を全体にあしらったアンティーク風でもありながら、振袖でしか現せない鮮やかな色の取合せが絶妙で、私も、お客さまの着付けを手伝う中でも とても印象の深い振袖のひとつでした。

成人式、お友達の結婚式、ご親戚の結婚式、そして結納と、幾度か着付けを手伝わせていただきましたが、

あるとき、着付け室に 全く同じ振袖がもう一枚横に並んで、吊るしてありました。

聞くと、『従姉妹とお揃いで、祖母がプレゼントしてくれました。』とのこと。

おんなじ、2枚の振袖。 お揃いを着たお二人が揃って並ばれると、肩や、おはしよりの柄の出かたが少しずつ、違って 同じきものとは、思えない違ったイメージに。まるで、着物カタログを見ているようでした。

そんな思い出の振袖、ご本人が、「袖を切って、使えますか?」と。

ウチの店主曰く、「ご立派な振袖の価値が下がるから、女の子が生まれたら、着せてあげることもできるから、大事にとっておいたら・・・」 と。

きものは、次の世代に受け継ぐことができるもの。

大切にして下さいね・・・。

c9e67c86.jpg

この日は、花冷えのする日だったため、お母様が、花見ショールを用意されました。

しだれ桜

寒い一日でした。 いつも寒い!っという書き出しばかりです(-_-;)

でも金沢も雨と強風と寒さに耐えて、満開です。

去年より、桜の花の色が、ほんの少し濃いような気がします。

街のバス停沿いの公園で、しだれ桜を見ました。

柳の木だとばかり思っていたら、しだれ桜だったんですねー。

ほんと、綺麗でした!

先日の子供の入学式に桜もようきものを着ました。

よく見ると、つつッーと流れるような線沿いに、ぽつぽつとした桜もよう

今まで、単なるだと思っていたのに、しだれ桜だったのかと、気付きました。

きものに合わせて、のもようの足袋を選びました。c5ae9c5d.jpg

本当は、刺繍になってるものが欲しかったけど、思うようなデザインに出会えなかったので・・・。

季節の花もようは、着る時期が限られるので、求める際に、ちょっと勇気が入りますが、花の咲く時期と、袖を通す日がぴったり重なると、ちょっと得意にさせてくれるきものです。

入学式も寒かった・・・。

きのう無事、 入学式 が終わりました。

金沢 は、なかなか 春らしい 陽気が続かず、曇り空 の肌寒い一日。

春の入学時には珍しく、寒いせいか、着物も洋服の方も、コートを着ている人を多く見かけました。もちろん、薄手で春らしいコートですけどね。

この寒さなので、着物に 袖なし羽織 はあったかでした。

でも、わたしの姿を見た、相方(旦那)が 「パッチン!ってやってみて」 としつこく言うので、なぜかと聞くと、その上のやつ(袖なし羽織のこと) まるで ポール牧だよ~!と冷やかされてしまいました・・・。

後で、写真をUPしますね、ポール牧風の。

99a2428b.jpg

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: