どんな ゴールデンウィークをお過ごしでしたか?


連休で、お疲れの人も多いと思います。



サロンは、月曜の定休日 以外は 通常通りの営業日でありました。




金沢は、北陸新幹線の効果で連日、兼六園や金沢城が賑わい、ニュースで流れていましたね〜




レンタル着物で 散策する観光客の人たちが 後を絶たないとのことで、京都と同じく、着物の似合う街として、着物で街歩きを愉しむ人たちの姿が新聞などに取り上げられていました




そんなブームに乗っ取って、うちのサロンでも、きもので散策 のための  街歩き着物コーデをしてみました。

 






連休に帰省中のいそむら家の孫むすめ 二人 。。。
 

 
折角なので、着物で東山の茶屋街に行く…  とのことで、朝から準備です。




本人たちが選んだ着物に、半襟や帯などの小物も、自分たちで 組み合わせ…



黒髪の娘は、デニム風薄手ウールの小梅模様の小紋に、臙脂色の献上博多帯で、可愛い雰囲気に。
 


茶髪の娘は、緑が鮮やかな大島紬に、アンティークな橘を模したデザインの刺繍の帯を合わせて、モダンな色合わせのコーデです。





半襟は、絞りの肌色、黒地紋付の鶴の染め模様の古布半襟を  それぞれ  付けました。  




足元も、柄足袋に、桐の土台の下駄で、カジュアルに。。。





襟付けから、着付けに、ヘアセット…と、なんだかんだで、2時間ほどかかりました 



一般的には、着物で街歩きのプランなどは、着物のレンタルと着付けだけで、5000円ほど…とのことですが、扱いやすい 洗えるポリエステルの着物が最近は、多くなっているとのことです。



5000円ほどというのは、トライし易い価格なのかもしれませんね。




でも、提供する側にとっては、着物や着付けは、無駄を省きにくいものなので、難しいところでしょう。




それはともかく、無事に完成して 東山へと、送ってきました







石川橋が見えるあたりから、観光客で、道は混み合い、大変な賑わいでした。柳橋に差し掛かる頃には、渋滞で動きません❗️






車窓からは 着物姿の女性グループや若いカップルが、あちらこちらで  散策している場面が見えました…





日傘をさして、のんびりと歩く姿に、振り返る人も多くて、着物を着ている人にとっては、注目されて、優越感もあるてしょうね




うちのお二人さんは、ひがし茶屋街をまわり、そこから、武蔵か辻まで出て…スタバでくたびれておりました。。。







ゴールデンウイークの濃〜い  思い出となったことでしょう。。。