卒業式 真っ盛りの 三月でした

個人的にも いろんなバタバタが重なり、FBの更新のみで、ブログをご覧の皆さま お待たせしました。

順次、UP していきます。。。


さて、卒業は、本人にもご家族にとっても嬉しいものですが、新生活を前に、憂いの3月でもありますね


ちょい前の事となってしまいましたが、我が家も、 ひなまつりの日に  子②の 卒業式 を終えました。


FBやTwitterでは、先に 画像を載せましたが、黒い羽織で 最後となる  卒業式に 列席しました。


この羽織を卒業式に着るのは、3回目 でしたっけ??


子①と子②の小学校卒業式に、銀鼠のビンテージの色留 に合わせた ような 覚えがあります。


過去の卒業式時は、当方 30代で、黒い羽織を着て 出掛けたわけですが、四十をとっくに過ぎた 今が一番 しっくり 似合っていたように 思います…



とはいえ、羽裏の柄が、まるで 子供の着物のようで、80年以上前の羽織なのですが、その昔 これを着た女性は、20代前半 だったのかも しれませんねー



今年は、NHKの朝ドラの影響で、「羽織を卒業式や入学式に 着てみようかな?」 と、ご相談される方が 何人かいらっしゃいました。


羽織は、昭和の頃は ミセスの略礼装 として、バカ売れ したブームがあったとかで、現在は 着物の古着屋さんには、黒の絵羽織が 山積みになっています…


箪笥に 黒の羽織や 絵羽織が 袖を通さず仕舞ったまま…という 方も多いことでしょう。


羽織の丈も 長羽織が人気だった 戦前の頃 と、短めが流行した 昭和 3.40年代…というように、羽織のシルエットにもブームがあります。



今は、ビンテージスタイルの着物が再燃していますので、道行きよりも短めで、膝丈 あたりが人気ですね。



羽織は 本来は 着物に合わせて 仕立てますので、古着屋さんの羽織がどれでも 自分に合うわけではありません



羽織の袖から、着物の袖が覗くことほど 見苦しいことは無いので、裄、袖幅、袖丈が 羽織に合わないと かっこいい着姿にはなりません。



わたしは、今回の着物は 卵色の 飛び小紋 を選びました。 小紋でも、柄が少なく、目立たないので、無地に近い 着物です。


店主がお茶をしていた時代の 着物 を  仕立て直してみたものの、最大限まで、身幅や着丈を出してもらったら、大きくなり過ぎ てしまい、ビンテージの羽織の袖から、着物の袖がはみ出まくり。。。


羽織の裾模様のたんぽぽに合わせて、たんぽぽのような卵色を選んだので、どうしても この着物は外せません。


そこで、応急対策に、袖幅をつまみ、縮めてみました   


もちろん、長襦袢も更に短くつまんで 縫ってあります   画像のように、袖の幅を摘んで、短くしました。


寒い体育館の会場、羽織は脱ぐ必要もないので、つまんでおいても 見えませんからね…。



この日の帯は、縞が粋な柔らかな 綴れ帯 。



これまでは、羽織を着る際も、羽織でほとんど見えない帯にも 気合いを入れて 選んでいたのですが、今回は、ゆるっと 柔らかな帯で 小さいお太鼓に結びました。 帯と手提げバッグは、お揃い  です。



まあ、気合いを入れる年齢でもなし、今更 高校の卒業式に着物を着て行くのは、よほどのモノ好き… 


もとい、着物好き だけ… 



ですが、やはり ここは 金沢  


観光客がレンタル着物でぶらぶらするのを 見ない日は無いくらいだから、地元の人も 着なきゃ損 と、思い始めたのか、着物ブームのようで、今年は、珍しく 女性の先生は 全員  袴すがた 



なんと  男性の若い先生も紋付袴   、  同窓会OBや、来賓の方々も、男性も、女性も、何人かが、お着物すがた


父兄も合わせると、会場には、10人以上の方が お着物でしたよ



地域に 開けた 校舎を持つ この高校は、ウチのサロンからは、叫べば聞こえる   距離にあり、子②は、3歳になるかならないかの頃から、春は勝手にひとり遠足、夏は勝手に池で水浴び、冬は大きな庭石を滑り台 にして、その都度、用務員さんや、近所の人に見守られ(注意され )て 育ちました。


姉妹揃って ここに 進学した年数も含めると、かれこれ 15年以上 も この高校には、お世話になりました 



毎日 通った 学路 にある  石川県の書の大家  久田鶴南先生 直筆 の記念碑 の 前で 最後に記念の 一枚を



『松 萌える 苑』  と、思い込んでいたわたし。

『松の 箱庭 』の事だと と、思い込んでいた 子②。

  
   書の先生に確認したら、正解は…


『松籟の苑』しょうらいのえん  …  松に吹く風、松に吹く風の音 が聞こえる 苑 …


今更ながら わかりました…  


 孫弟子 学び足りず…役立たず…   です。



次回は、中学の卒業式にお出かけのお客様を ご紹介します。。。