いよいよ明日から4月


新入学、新生活が始まりますね


ウチのサロンの着付け室も、門出に花を添える お客様の着物が 並んできました。


入学式用に 着物コーデを お願いされた お着物に、半襟や伊達襟などのコーディネートして、毎日 準備しています。

卒業式に比べると、華やかさを添えて 春らしさを出せる 入学式のお着物は、コーディネートが 楽しいですね。

着物に合わせて、カジュアルな柄が多い着物なら、帯や帯留め で キチン感 をUPします。


また、結婚式にも通用しそうな 豪華な 紋付の訪問着なら、帯を大胆に 玄人好みのものを
合わせて、結婚式風にならないように、こなれ感 な雰囲気にします。






入学式の着物選びの基本は、まず  色目が 春らしいものであること。

中学生や高校生の入学式なら、少しずつ  落ち着きある色目や、柄の少ないものを選ぶのがおすすめです。


きものの種類でいえば、訪問着を着る人が一番多いと思います。

ですが、付け下げ訪問着と言われる 付け下げと訪問着の中間のものや、小紋よりも落ち着きのある、飛び小紋、紋付の付け下げ… と、様々ですが、今の時代では きものの種別を細かく 区別できる人は、呉服屋さんで無い限り、わかる人はあまり居ないと思います。


なので、絶対にダメといえる着物をわかっていれば 安心して 選べます


入学式や卒業式に ふさわしくないのは、完全な街着といえる ウールや木綿、合繊のプリント素材の着物。  また、どれだけ手が混んでいて、高価であっても大島紬や牛首紬などの  織物 の着物も 普段着の装いとなります。

時々 見かけるのは  色留袖 の方。 立派な三つ紋 の色留袖は、やはり留袖 ですから、結婚式、叙勲式など  格を重んじる 場の 式服です。お母さんが主役ではないし、式を主催する 学校の先生方 よりも 格上を装うべきでは ありません。


紋付の付け下げ、紋付の訪問着 でないとダメですか? と、聞かれる事がありますが、  入学式の場合は 紋のあるなしに、そんなにこだわる必要は無いと思います。


紋が付いていなくとも、入学式にふさわしいコーディネートにするなら、帯は着物の格よりも少しでも 上のものを選ぶこと。


帯締めは、街着用の細いものや、飾り付きのくだけた感じのものではなく、帯の格に合わせて、品のある平織りのきちんとしたものを合わせます。


また、普段着に主流の 名古屋帯はやめましょう。二重太鼓が結べるしっかりとした帯を選びましょう。


重ね襟(伊達襟)をする事で、 お祝いの日 の証し となります し、胸元の華やかさが違います。


バッグは 結婚式に持つような 金銀の 西陣織のバッグや、携帯しか入らないようなパーティ用のクラッチバッグは、 不要です。

学校の書類や、筆記用具、内ばきなどが入る  着物に合う手提げバッグや、 持ち手が短めのハンドバッグ などを持つのが、学校行事にはおすすめです。

ヘアスタイルは、年齢によって お好みのアップスタイルは様々です。

お茶会のような、抱き合わせや、夜会巻きのような きちんとした まとめ髪 や、三つ編みを 取り入れた まとめ髪でも 着物に似合うスタイルで、派手すぎないものなら 大丈夫です。


髪飾りは、パーティのような 花飾りや成人式のような ゴージャスなものは ダメです。
玉かんざしなども  入学式には合いません。
チラっと 輝く 櫛かざりや、小さなパールや小花 で十分です。

入学式まで、後 一週間ですね✨✨