8月終わりに お孫さんの結婚式へご列席の お客様 の 着物のコーディネートと、着付け、ヘアメイクをさせて頂きました。


暑さは 残るものの、真夏を過ぎて、結婚式の列席に、洋服か着物かを 悩むのは どなたも同じ。


お孫さんの結婚式ですから、黒留袖でも充分なのですが、会場がヴィラウエディングなので、黒留袖を着られるのは 新郎新婦のお母様のみということが わかっていました。


ですから、黒留以外で お手持ちのお着物の中で、この時期によくお似合いの友禅柄の 付け下げ を着ることに決めました。

IMG_5487


お着物 が 決まってからは、暑さをしのぐ為に、肌着は浴衣で用いるスリップ式に、足袋はストレッチ足袋、長襦袢は、夏用の麻の襦袢を用意しました。

IMG_5497


今年は、思いがけず 暑い夏で 当初から、白地の帯を締めて、涼しげに… と 勧めてきましたが、お盆の後 の台風や 大雨で、急に 秋めいてきましたので、帯を 濃い紫色 に 変更しました。


綴れの帯 は、濃い紫色の地色の中に、アクセントで 薄いピンクと銀の糸が 織り込まれ、お太鼓のアクセントになっています。

帯のピンクに 合わせて、帯揚げも 薄いピンクを 差し色にしました。

IMG_5539


帯締めは いくつか お見せした中から、薄い紫に 七色のアクセントが織り込まれた 可愛らしい帯締めを お客さま が選ばれました。


襟元は、パールカラーのビーズ襟を、重ね襟も 式服らしく、羽二重の花模様が織り込んだ 伊達襟を合わせました。

IMG_5498


初めての お孫さんの結婚式で、緊張気味のお客様でしたが、お孫さんからは、「おばあちゃん 、すごい かっこいい」 娘さんからは、「おかあさん、すごく着物が似合ってる着物でよかった」と言われて、喜んでおられました。


本当に着物にして良かった、自分の手持ちだけでは、こんなに素敵になりませんでした…  と おっしゃっていました。

IMG_5566

※昨今の事情を踏まえて、お顔は お見せしません。

IMG_5518


お孫さんのご結婚、ほんとうに おめでとうございます


また、着付けだけでなく、お着物のご相談、コーディネートを ご利用頂き ありがとうございました