今日は敬老の日。

民謡と大正琴 の ふたつの 発表会 を 掛け持ち!  という お客様の 着物コーディネイト と、着付け をさせていただきました。


9月真ん中、季節的にも 単の薄モノの 時期も 今日あたり まで ですかね。。。


紬の単仕立て と、波間模様の単小紋の 2点を お持ちになりました。


数年前にも、この時期の発表会で  紬のお着物を 着付けさせていただきました。


2回目の今回は、波間に花模様が 散った 涼しげで 若々しい 小紋を 今回は おすすめしました。



帯も ご自身が何本かお持ちになった 中から  ちょうど 着物の花柄と同系色のオレンジ系の 名古屋帯が よく似合いましたので、これに決まりました。

IMG_5911


単の小紋は、薄さ加減が強く出ると、普段着に見えてしまい、お出かけ着物としての華やかさに欠けてしまいます。


襟元は、ビーズ半襟で張りと輝きがプラスされて、華やかさが出ます。

IMG_5854


重ね襟は、若い人だけの小物 と、思われるかもしれませんが『敬老の日 発表会』という おめでたい時ですから、襟を重ねることは、慶事の装い です。


渋めの色合いの古布を 重ね襟用に 作りました。

IMG_5883


帯に合わせる 小物のコーディネートは、帯揚げは 波間模様に生える 水色の 合物。冬と夏の合間向きの薄手仕立てです。


帯締めは、帯のオレンジに引き締めが効く ブルーに銀糸が混ざった 三分紐に、琥珀の帯留めをアクセントにしました。


FullSizeRender



小柄で可愛らしいお客様の雰囲気と、爽やかで可愛らしいお着物の柄がよくお似合いになりました!


IMG_5914


迎えにいらした ご主人が、奥様の着物姿を 大変喜んでおられました。



楽しい一日を


注)近年のさまざまな事情から、画像はお顔を見えづらくしてあります。