季節外れ    ですが、 男物の 大島を 用意しました。

羽織と着流し 。



羽裏は、正絹で、渋い 染抜きの柄が かっこいい











この こげ茶の大島を処分するという方がいらして、「服地にリメイクするとかして、使って  」 とのこと。。。





ですが、折角なので、一度 袖を通させて 頂こう。。。 ということになりまして、準備しています。




昔のものは、普段仕立てで、着物の裏に 濃紺の 綿生地が、袷(あわせ)て あったのですが、店主が、綿生地部分だけを ハサミ でチョキチョキして、単衣仕立てにリフォームしました




大島のサラリとした生地感が、軽くて ちょい 着るのにも、快適そうです。




着付け姿 は、いずれ お見せできると思います。。。