きものde和モダン

ココログより、ライブドアへブログを引っ越しました。

入学式

金沢の小さな美容室の着物語りに、どうぞ お付き合いください。

四月の着物姿  小学校入学式にぼかし染め着物でご出席

ゴールデンウィーク後半になってしまいました!

この連休は、定休日の月曜も大安で、遠方から着付けのご予約があり、休みのなく働いております

こちらのブログでは、曖昧なニュアンスではっきりお知らせしておりませんでしたが、来年 5月頃の予定で、今の 着付け室を一部改装して、美容鍼灸サロンを開業の予定で、準備四年目に入ります。

この連休は、仕事合間に、連日 施術モデルの方を相手に、 鍼とお灸の練習をしております。

着物の打ち合わせ時に、ベッドが出ていたり、お灸の残り香が あることが今後もありますが、ご理解宜しくお願い致します。

また、インスタグラムには、お客様のお着物姿以外にも、お灸の練習の様子などもアップしています。

ご興味のある方は、どうぞ アクセス下さい。  【インスタグラム  chicamicami】



そんなこんなで、四月のお着物姿のUpが遅くなりました。順に 掲載します。IMG_0845


転勤で金沢にいらっしゃり、小学校の入学式にお着物で列席された お若いお母さん

シャーベットオレンジのぼかしの段染めのお着物は、この方のお母さんが着ていらしたものとのことで、金沢まで送って頂いたそうです。


木目調の地模様 に、白い波間のようなが裾柄が 春のお着物にぴったりです。

FullSizeRender     IMG_1046




色無地の風合いを華やかに見せる 色とりどりの鮮やかな帯を合わせて、小学校の入学式に出席される若々しい雰囲気を出した 小物を合わせました。


この日は、お天気が不安定で心配しましたが、雨に会わずに学校に行けました… とのことで、クラスの1/3  の方が、お着物だったと、お聞きしました。


今年の入学式は、月曜 でしたので、金沢では 大体の美容室が 定休日ですが、着付けをする美容室は、どこも忙しかったようですね。。。。

FullSizeRender

一年生はやっとの連休にホッと一息というところですね。。。

また、機会がありましたら  ご利用お願いいたします

続きは明日近日に。。。

春の装い 花柄 訪問着

ずいぶんと 間が空いてしまいました



今週、入学式時の画像を お客さまから 頂きましたので  今更ですが、春らしい お姿を ご紹介します。



小学校の入学式のお着物姿…  


総花模様の お母さまゆずりの 訪問着 。。。


お二人目のお子さんの 二度目の小学校入学式に、前回とは 違うお着物と帯、小物 で…  
コーディネート しました。


春らしさと、一年生のお母さまらしい 初々しさ 溢れる お着物です✨


お着物が総柄なので、帯は オレンジ系のおめでたい金の地色に刺繍がポイントの袋帯。


結婚式などにも つかえる 格式ある 帯で、柄のお着物に合わせて、安定した装い となります👍


フューシャピンクの 共布の帯揚げと伊達襟で、統一感を出し、引き締めた小物づかいです。


帯締めに同系色の 帯留めを合わせて、可愛らしさの中に、こなれ感を 出しました。



行事ごとにお着物をお召しになっているので、よくお似合いですね💖



入学式 にふさわしい きものコーデ

いよいよ明日から4月


新入学、新生活が始まりますね


ウチのサロンの着付け室も、門出に花を添える お客様の着物が 並んできました。


入学式用に 着物コーデを お願いされた お着物に、半襟や伊達襟などのコーディネートして、毎日 準備しています。

卒業式に比べると、華やかさを添えて 春らしさを出せる 入学式のお着物は、コーディネートが 楽しいですね。

着物に合わせて、カジュアルな柄が多い着物なら、帯や帯留め で キチン感 をUPします。


また、結婚式にも通用しそうな 豪華な 紋付の訪問着なら、帯を大胆に 玄人好みのものを
合わせて、結婚式風にならないように、こなれ感 な雰囲気にします。






入学式の着物選びの基本は、まず  色目が 春らしいものであること。

中学生や高校生の入学式なら、少しずつ  落ち着きある色目や、柄の少ないものを選ぶのがおすすめです。


きものの種類でいえば、訪問着を着る人が一番多いと思います。

ですが、付け下げ訪問着と言われる 付け下げと訪問着の中間のものや、小紋よりも落ち着きのある、飛び小紋、紋付の付け下げ… と、様々ですが、今の時代では きものの種別を細かく 区別できる人は、呉服屋さんで無い限り、わかる人はあまり居ないと思います。


なので、絶対にダメといえる着物をわかっていれば 安心して 選べます


入学式や卒業式に ふさわしくないのは、完全な街着といえる ウールや木綿、合繊のプリント素材の着物。  また、どれだけ手が混んでいて、高価であっても大島紬や牛首紬などの  織物 の着物も 普段着の装いとなります。

時々 見かけるのは  色留袖 の方。 立派な三つ紋 の色留袖は、やはり留袖 ですから、結婚式、叙勲式など  格を重んじる 場の 式服です。お母さんが主役ではないし、式を主催する 学校の先生方 よりも 格上を装うべきでは ありません。


紋付の付け下げ、紋付の訪問着 でないとダメですか? と、聞かれる事がありますが、  入学式の場合は 紋のあるなしに、そんなにこだわる必要は無いと思います。


紋が付いていなくとも、入学式にふさわしいコーディネートにするなら、帯は着物の格よりも少しでも 上のものを選ぶこと。


帯締めは、街着用の細いものや、飾り付きのくだけた感じのものではなく、帯の格に合わせて、品のある平織りのきちんとしたものを合わせます。


また、普段着に主流の 名古屋帯はやめましょう。二重太鼓が結べるしっかりとした帯を選びましょう。


重ね襟(伊達襟)をする事で、 お祝いの日 の証し となります し、胸元の華やかさが違います。


バッグは 結婚式に持つような 金銀の 西陣織のバッグや、携帯しか入らないようなパーティ用のクラッチバッグは、 不要です。

学校の書類や、筆記用具、内ばきなどが入る  着物に合う手提げバッグや、 持ち手が短めのハンドバッグ などを持つのが、学校行事にはおすすめです。

ヘアスタイルは、年齢によって お好みのアップスタイルは様々です。

お茶会のような、抱き合わせや、夜会巻きのような きちんとした まとめ髪 や、三つ編みを 取り入れた まとめ髪でも 着物に似合うスタイルで、派手すぎないものなら 大丈夫です。


髪飾りは、パーティのような 花飾りや成人式のような ゴージャスなものは ダメです。
玉かんざしなども  入学式には合いません。
チラっと 輝く 櫛かざりや、小さなパールや小花 で十分です。

入学式まで、後 一週間ですね✨✨

卒業と入学 着物コーディネート

いよいよ 着付けのハイシーズンに入り、着付け室には 常に 着物が提げられています


今回は  来週の 小学校の卒業式 と、四月の中学入学式に お出かけされる 方のお着物合わせです。


お子さんの卒園、入学、卒業… と、常に 着物で 列席されていらしたのですが、着物、帯、小物 と 合わせ方を 常に替えてきたので、同じ取り合わせは 一度もありません


年齢とともに、若い時に作られたものは、徐々に袖を通すことが減って、逆に これまで 地味だったり、似合わないと思い込んでいた お着物がしっくりと似合う 年齢へと変化して、 今回の コーディネートも 新たな雰囲気で、素敵なイメージとなりそうです


二人目のお子さんで、今回で小学校の卒業式は  最後ということ…ご主人も一緒に列席されるとのこと…を伺い、お持ちの中から、式服にふさわしい 空色の色無地 を 選びました。


帯は、華やかに パール地に お太鼓部分が 洋花を模した ロココ柄の鮮やかな帯で、品のある華やかな雰囲気で、落ち着いた色無地の着物に 華を添えます。



対して、四月の入学式は、ローズピンクは 可愛すぎる… と、敬遠して 袖を通してこなかったという 友禅柄の訪問着。


白い帯だと、可愛すぎる… 、といって 着ることがないままだったので、この色目で 入学式に着れるのは、中学校の入学式までだよ…  と、強く オススメし、こちらに 決められました。


ローズピンクは、入学式の訪問着には、定番の色ですが、敢えて、帯を横縞模様 のダークな取り合わせのオシャレな帯を合わせ、着慣れた雰囲気のコーディネートにしました。


普通、入学式では なかなか 締めない アートな帯ですが、中学生の親御さんで、毎回 着物で列席している方なら、充分着こなせるでしょう。。。


お持ちの2点とも 長襦袢が 同じということも、お洗濯の手間を省いてくれます。


襟を変えるだけで済むのも、着物の利点ですね。


半襟、伊達襟 などの 小物の組み合わせは  どうしましょうか


さて、今週は まだまだ お着物の打ち合わせが続きます。。。






日本人の ハレとケ ? 着物の素養 ⁉︎

今日は 春のような日射し になったので、重い腰を上げて やっとのこと 着物 の 準備を始めました。


春の 着物 シーズンを目の前にして、卒業、入学、結婚式へお出かけになる方の お着物のご相談 やご予約が多いこの頃です。


ここのところ、なかなか ブログに向かう時間がなく、SNS では、ちょこちょこ 呟いたりしているのですが、旧ブログでも 未だに アクセスを頂いているようなので、やっぱり 着物に関する事は、ここで お話し しておきます



時々 Twitterなどで チェックしている 東洋経済 からの 興味深い記事のURL を 貼っておきます。


2月初旬の過去記事ですが、ご一読ください。


美容館いそむら の Facebook を フォローされている方は、既出になります。。。





画像は、東洋経済からのスクショ  です。




ありきたりでありますが…   着物は、日本の文化  。



日本食のように、お米を炊く、お味噌汁やお漬物を作る… というように  生活の中に取り入れやすいものなら、文化を受け継ぐことは、まだ容易なのかもしれませんが、着物となると 人によっては、一年に一度も着ることは無い… という人も多いと思います。



その上、着物を着るには、着物と帯以外に 揃えるものは 山ほどあり、着付けだって、洋服を着るようなワケには いきません



さらに、ハレの日 (華やかなおめでたい場所) と ケの日 (日常の生活)を踏まえた 着物のルールが あるなんて (ハードル高すぎですね)


わかりやすく言えば、卒業式や入学式には、ウールや紬 という  普段向けの 着物は着ない。


だからといって、結婚式のような、色留袖や 豪華な訪問着に、金ピカの袋帯、金ピカの草履やバッグで、出席するというのも 違います。


着物だからといって、なんでも良い訳ではなく、普段着と晴れの日の装いを混同しては いけないということです。



これは、洋服にも 言えることですが、カジュアルな服装がカッコよく、それが主流となっている 現代、若い人には、お洒落に見えれば、TPOなんて どうでも良いのでは? と 思われるのは 当然なのかも



たとえば、結婚式にブーツはダメ、皮のジャケットもダメ… 
お葬式にエナメルや本皮のパンプス、バッグはダメ… という装いのルールすら知らない人が多い時代です。



誰も教えてくれなかった、持ってなかった、その場に行くことが大事で、服装は二の次… という 考え方をする人もいるかしれませんが、それがマナーであり、ルール。  



それを キチンと教えるのが 親であり、祖父母であり、上司、先輩、兄姉… 目上の人。



正直言うと、 ウチだって、卒業式にと、 紬や大島を持ち込まれたお客様を 無下にお断りするワケにはいきませんから、一応のアドバイスは致しますが、目一杯 帯や小物をお貸しするなどして、卒業式らしく、ハレの装いに近づくよう着付けた事もあるんです。。。



ルール (約束事)と セオリー (方法)を 守ってこそ、文化は受け継がれる 。。。



ですが、それに 縛られると 現代にそぐわず、継続しないんですよね…。



 結局は、寛容と妥協が無いと 時代に 受け入れられないのも事実です。




だから、着物にも、貸衣装があり、合成繊維素材の簡易で安価なものがあり、二部式着物や、ワンタッチ着物、洋服とミックスした ファッションKIMONO が存在するわけです。。。



まあ、その 話しは また いずれ  しましょう



さて  目前に 迫った 卒業式や入学式。  


皆さんは どんな お着物を 選びますか



3年前の 入学式は、着付けの予約がいっぱいで 自分の着物どころでは なかったので、今回の卒業式こそ、着物を着よう   と 思っている わたしです






















訪問着で高校 入学式へ

寒い4月が続きます

着付けが立て込んでいましたが、ようやく一段落…

順番に、ご紹介していきますね



今年は、本当に寒い入学式でしたね。

高校の入学式に お出かけされた  長年のお客様 というより 私の友人です。。。


爽やかな水色に、友禅柄の 春らしい訪問着



数年前に、次女ちゃんの卒園式で着られた以来とのこと…。


その際の着物姿の画像と見比べながら、小物あわせをしました。  


(こんなときは、ブログの過去記事が 役に立ちます )


お手持ちの帯締めや帯揚げ、伊達襟は、どれも二色使いで、20代から、40代まで使ええるような色合わせになっています。



高校生のお母さんとして、落ち着いた中にも、華やいだ色目の小物を組み合わせました。


伊達襟は、山吹色の黄色を挿し色に襟元を明るく


帯締めは、オレンジに金のたたき染めで、伊達襟にも似た色目を合わせました。


帯を引き締める、オレンジと金色の、格式ある、平織りの帯締めです。


後ろ姿は、お太鼓いっぱいに広がる 柄が、見事です。

ヘアスタイルは、アップより、若々しく見えるから…と、ショートスタイルにパーマをかけてあります。


着物は、ボリュームがありますので、ヘアが普段仕様だと、アンバランスになりますので、ショートヘアでも、軽くセットして、逆毛で膨らませます。


こうすると、髪飾りも、落ちる心配はありません



髪飾りは、見えるか見えないかの位置に、さりげなく ラインストーンの飾りを付けました。


高校の入学式ともなると、片手ほどの人数の方しか、お着物すがたの方がいらっしゃらなかったとか


学校によっては、入学式の受付が、早い時間にはじまる学校だと、なおさら 着付けやヘアセットに時間がかかる お着物を着て行こうという 気概のある方は、少なくなるのかもしれませんね…


改めて、高校 ご入学 おめでとうございます❗️新生活を満喫してね〜

入学式の装い 桜色の付け下げ小紋

今日は、まるで、冬に逆戻りしたかのような 寒い一日でしたね



中学校の入学式にお出かけのお客様…
卒業式の時とは変化を付けて、華やかな装いのお着物でお出かけです。




春らしく、桜色の地色のお着物です。








蘭だと思える洋花が、大胆に描かれた、付け下げ小紋 かと思われる 素敵なお着物ですね〜





大胆な染め柄ながら、ピンク、白、グレーと限られた色遣いなので、帯や小物で、落ち着いた雰囲気にも、華やかな雰囲気にも変化を付けることができます。





帯は、お持ちになった シルバー調の帯に合わせて、できるだけ 色目を抑えた小物を合わせました。









ヘアスタイルは、今回は ご本人のリクエストで、粋な雰囲気ながら、今風の三つ編みをあしらったアップスタイルです。



後ろ姿から見える、珊瑚の髪飾りが、お着物の地色にマッチしています





3月の卒業式の際とは、違った 華やかで春らしいスタイルになりました。




卒業式の際には、たくさんの着物姿のお母様方がいらっしゃったとのことで、お写真を見せて下さいました。





驚くほど、多くの方が着物姿でしたので、こちらも ビックリ



また、皆さん 落ち着いた色目の訪問着や色無地など きちっと装われており、まるで、先日の 北陸新幹線でのお出迎えのようなお姿でありましたよ




地域柄、お着物の方が多い校区だとは、知っておりましたが、お着物姿で並ばれたお母様方のお姿には、本当に圧巻 でありました。



今日も、多くの方が お着物で入学式にお出かけされたことと思います…



寒い日は、着物の方が 暖かいですよね。



入学式 着物の準備

4月となりました 

桜もほころんで来ましたね


入学式へお出かけされるというお客様が、多いこの頃です。



入学式用のお着物の準備をしています。



春爛漫。



桜の季節ですので、春めいた 彩りを 着物にも添えたい時期です



着物は洋服以上に、季節感が表されるもの。




柄がはっきりと描かれているため、その季節を先取りするか、盛りの頃しか 着ることはできない 限定品とも言えます。




桜色のピンクを装うのに、一番ふさわしいのが今ですね。




先日は、ご実家で管理されているお着物一式を、入学式用に小物をコーディネートして、嫁いだ娘さんのところへ、お渡しするというお手伝いをしていました。




前回は、お稚児さんのときに、装われた訪問着。





四季の花をあしらった友禅の訪問着を、入学式向けの装いに、小物を合わせました。








明るいうぐいす色の地色のお着物に、ピンクの小梅柄の刺繍襟。



伊達襟に、薄い肌色の総絞りを合わせてみました。




お顔まわりに、淡いオレンジきて、アクセントになります。









帯揚げは、緑と青みの強いピンクの二色使いの帯揚げにしました。




帯締めは、華やかに、若々しく 捻じりのピンク色 を。




小学校の入学式に、着物を着るという方が、一番多いようですね。




中学、高校となるにつれ、着物を着る人が少なくなるようですが、今年は、うちのサロンでは、中学生になられる方、高校生になられる方の親御さんのご予約を頂いています。




ちょうど、桜が満開となる頃、入学式を迎えられそうですね…



急では、ありますが … 4月5日(日)は、お休みとさせて頂きます。


翌日6日(月)も休みのため、連休となりますので、ご了承ください。





入学式の着物すがた・・・たたき染め色無地

4月とは思えないような、毎日寒い日[E:rain]が続いています。


さて、先日の入学式に、着物で出席された方々のお着物をご紹介しています。


この日、午後からの入学式という、受験で見事合格[E:sign01]された 中学校の入学式に出席された方です。


この日のお着物は、えんじ色に裾や袖にベージュのぼかしが入った、たたき染めのお着物。


お嬢さんが、七五三のとき以来、というこちらのお着物、年齢とともに、とてもお似合いです[E:shine]。


帯は、とても柔らかで締め易い 豪華な刺繍の丸帯です。



色無地の格を上げる、帯とお着物のバランスの取れたコーディネイトとなりました。



ca21e211.jpg cb89db60.jpg

たたき染めは、無地に見える中に、染色を跳ね上げた飛沫のような、点々が地模様となっている染め方で、遠目では、無地、近くによると、点々がキラキラ[E:shine]と輝いて見えるのが、特徴です。




ab3f5374.jpg


この点々が、艶のあるグリーンでしたので、襟元には春らしい若草色の伊達襟、半襟は、点々とリンクさせて、馴染みのよいビーズ半襟を付けました。




9671ec06.jpg

全体的に秋色にも見えるお着物ですが、色を引き出すことによって、春らしい装いになりました。




髪飾りにも、グリーンの輝くガラス製のものと、金の蝶々をさりげなく 付けました。



今年の卒業式や入学式に、大きな花かざりをアップスタイルに付けている方を何人か見かけましたが、成人式には良いかもしれませんが、大きな花かざりは、結婚式ではないのですから、落ち着いた場 には、頂けない。。。 と、感じます[E:gawk]




着物にも、流行の柄や色があり、90年代初めの頃には、えんじ色の地色 が流行し、えんじ色に金のたたき染め という地色の無地や、帯上げ、伊達襟が出回りました。


わたしもまさにその年代なので、えんじ色を持っています。



濃い色が流行すると、次は、一気に薄い色へと流れが変わり、ベージュや、薄いグリーンの訪問着やつけ下げが流行しました。



帯の色も着物の地色と同系色にして、細く、長く、洋服のワンピースのようなモダンな装いが流行したのが、90年終わりから、2000年すぐの頃です。



関東(東京)と関西(京都) でも、着物の流行はちょっと違っていて、関東で流行した流れと、京都の主流とが混ざりあい、尚且つ 加賀友禅の雰囲気があるものを、金沢の人は、好みますね。




過去に流行したものを、当時のコーディネイトではなく、年齢に合わせて、季節に合わせて、TPOに合わせて 着まわすことができるのが、 着物 の良さ だと思います。。。




改めて、ご入学おめでとうございます!


新生活を満喫してくださいね[E:notes]。











入学式の着物すがた・・・お手製訪問着

入学式から、4日が過ぎましたね[E:heart01]。

新入生にとっては、ちょっとお疲れが出てくる頃かもしれません[E:gawk]。


さて、月曜日の入学式[E:cherryblossom]の着付けのお客様のご紹介のつづぎです。
小学校の入学式へおでかけのお若いお母さん。aa059550.jpg


染色作家さんだというおしゅうとめさんが染められたという、鮮やかなブルーの訪問着です。


モダンな柄に、青や藍の染め流れが個性的なお着物なので、帯は、さくら色に輝く加賀刺繍の熨斗目がシンプルな帯をコーディネイト してみました。


2dea5bd5.jpg 地味になりがちな お太鼓 の印象も 大胆な熨斗目のリボン は、若い方に、とっても人気があります。。。[E:heart02]






成人式の振袖以来、着物を着たことがない、とおっしゃるお客様。


ということは、袖の短い着物ははじめて。。。 


振袖に比べると、どんな風になるのかわからない・・・[E:coldsweats01] という不安な印象でした。


1c6395ff.jpg ですが、若さで、大胆かつ、シンプルなコーディネイトで、とても粋 に仕上がりました。


薄ピンクの桜模様の刺繍襟と、際立つ濃いピンク色の伊達襟で、顔まわりに色目を置くことで、地味になりやすい ブルーという地色を 生かした組み合わせになりました。




ヘアスタイルは、若い方らしく、小顔効果のあるバンクを下ろしたふんわりとした ポニーテールをアレンジしたまとめ髪です。24dc48c5.jpg



粋な着物なので、和髪にすると、ハマり過ぎてしまって、玄人さんのようになりますから・・・[E:wink]



打ち合わせから、仕上がり寸前まで、なんだか不安、というご様子でしたが、出来上がった姿をご覧になって、やっと 笑顔になりました[E:shine]。



きっと、とっても地味になるんじゃないかと、不安だったんでしょうね~




着物は、その方の雰囲気を大きく変えてしまうと、老けてみえる、地味、カッコ悪い・・・ という強い印象を持ってしまい、次に着物を着るのが、嫌になる。。。[E:bearing] ということがあります。



着物を着ると、凛とする、カッコいい、他とは違う ・・・ こんな印象を最初にうまく引き出すことが出来ると、ビギナーの方、若い方 が、着物好き になってくれると思っています。





そのためにも、着物と帯、半襟、伊達襟、帯あげ、帯じめ 更には、草履やバッグ・・・  そして、ヘアスタイルとメイク。。。[E:shine]





全体のコーディネイトが大事なんですよね。



最近は若いママの間でも、『入学式は着物[E:good] という方が多い 小学校の入学式。


着物すがたの方は、どれくらい いらっしゃったでしょうか?



ご自身のお着物は、いかがでしたか?


記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: