きものde和モダン

ココログより、ライブドアへブログを引っ越しました。

七五三

金沢の小さな美容室の着物語りに、どうぞ お付き合いください。

七五三 7歳の着物の準備


お盆も終わり  お仕事再開ですね。。。


この1週間は、夏の帰省で ご実家に帰られた方の 着物の打ち合わせなどが たまたま 重なりました。


先週は、帰省のついでに  七五三の前撮りをするため、7歳の着物の腰上げと肩上げ の依頼があり、 お手伝いしました。


ママが7歳の七五三で 着たという とても 綺麗に保管された  加賀友禅…   


こんなに小さいのに、虫食いがちゃんと描かれ、背中には 抜き紋が 入れてあります。


帯解きの儀にふさわしく、7歳は、振袖をそのまま 小さくしたような仕立てですが、小柄なAちゃんは、肩上げの位置もほとんど 肩に被るくらいです。



腰上げと肩上げは、本人に 長襦袢を着せて、仕上がりよりも1センチ大 ほど 縮めた寸法で上げます。  長襦袢が着物から覗くことがないようにするためです。

着物は、手のくるぶし、足のくるぶしを 目印に 計り、縫い上げします。


実際に着てみて、まち針で目印をつけておき、念のため、裄丈、着丈は しっかりと 測って メモしておくと、縫いながら 寸法の確認ができます。


前撮り、無事に終わりました !  と、今日  ご報告がありました


続いて、お盆の最中に、今度は 3歳の 着物を借りたいという ご家族。


お墓参りのついでに、金沢に立ち寄り、  11月の七五三にむけて  用意しておきたいとのこと。。。


本格的 ビンテージの 三ツ身 を  2点と、平成一桁の鮮やかな キンキラキンの  ゆったり目の三ツ身 2点  の  計4点の中から、鮮やかな青地に 小花の模様満載、オマケに  全身綿入れという ふかふかの 超ビンテージ(80年以上前のもの)着物 を 選びました。


小柄なRちゃんに お似合いの総柄で、ふかふかなので、帯を締めずに、紅絹の被布を着せることにして、長襦袢も 省いて、着物に刺繍襟を 比翼仕立てにして縫い付けました。


お布団みたーい   と着物に頬ずりする Rちゃんですが、寸法を計るために  羽織らせると、イヤ! と、すぐに脱いでしまう の 繰り返し


そんな事で  画像を撮ることができませんでした


お着替え大嫌い という Rちゃんを大人7人がなだめるだけで、大騒ぎ。。。という状況が面白可笑しく。。   大騒ぎでありました。


小さな子供ちゃんに 着物を着せるのも、一苦労ですが、七五三は、成人式と並んで、今では 日本を代表する 着物コスプレな 楽しいイベント …  という感じがします



さて、本日は  冬の時期に  結婚式に列席されるという 方の 振袖のコーディネート のご相談がありました。


ネット検索で調べられて  お越しになった という事でして、 帰省の折に お手持ちのお着物を一式お持ちになってのご相談。


今日は、湿気も少なく、着物合わせも 暑さで大変 という事もなく、スムーズに運びました。



着物は ご実家で保管されることが 多い時代ですので、夏の帰省時に  着物の話題になるのも納得です。



8月も半ばを過ぎて、そろそろ  秋の結婚式や 冬の成人式 の  前撮り準備を…  という方が 多い頃と思います。


お着物のご相談、コーディネート、着物のレンタル … どうぞ 何なりとご相談下さいませ。




9歳と6歳 女の子の着物すがた

今日は、七五三を兼ねて、写真館で撮影をされる 姉妹二人 の 着付け が ありました


主役は、春に 一年生を 迎える 妹さん


お母さんが、7歳の七五三で 着られた お着物で 撮影されます。


ヘアスタイルも 髪飾りも 、自分のスタイル が ある… との事で、 ご本人の意思のまま 仕上げさせて頂きました





今日、着物を着るという事が、嬉しくて、嬉しくて  朝は 誰よりも早く起きていた  とのこと


お釜ドライヤーにもジッと 我慢で入り、お化粧も嫌がらずに すんなりと メイクできました。


仕上がりまで、緊張からか、大人しかったのに、仕上がったとたんに、ぽっくり下駄 で サロンの中を走り回っていました〜


続いて は、お姉ちゃん。  


三年生にしては、身長も大きく、ピンクやオレンジ色よりも、青や水色が自分に似合うから、好き 、こちらも しっかりと 自分を持っています


着物もちょっと小さめながら、ピンクと青の二色のうち こちらを 選びました。


大正時代の 子供着物です。


ヘアスタイルも、ご自身の リクエストです


髪飾りは、当初から青いバラの髪飾り が ご本人のご希望でしたが、 みんなで説得して、最終的に 「 お母さんが、それがイイなら そうするよ… 」 と、オトナな一言。。。


お母さん念願の  だらり付きのピンクと白の つまみ細工をお付けしました。


「それがイイ!  似合うよー 」 と、おばあちゃんに、お母さん、店主に私と、お姉ちゃんのテンションを上げるため、皆で 褒めちぎり…


照れるお姉ちゃんが また、可愛くて、写真館に行く前に サロンで 撮影大会

二人とも、よく お似合いです


古い着物 でも、こうして 利用できるのは、着物にとっても 幸せなことです。





数え三歳 七五三 ご家族でお出かけ

今日は 3歳のお嬢さんの七五三にお出かけという お母さんの着付けがありました


前日、おばあちゃまが、着物一式 を お持ちになり  ご用意されました。


「孫のお着物が絞りだから、ママも お揃いで 絞りを選んで来ました。。。 」 とのこと。



パールがかった ホワイトベージュの絞りに牡丹か芍薬が描かれた 総絞り の 見事な 付け下げです。



帯は、白地に 臙脂色や黄緑色 が 鮮やかに彩られた、植物柄 の モダンな帯。 絞りのお着物を 引き締めています。


仕上がった ママのお姿に、お母さんもご主人も 「奥様風でいいわよ 」 と、皆さん 絶賛。






絞りは、スタイルの良い方でないと、着こなせない上、白地のお着物は、お肌が美しくないと映えないので、ホントに 良く お似合いです




ヘアをカジュアルに したのも  ナチュラルで、ご本人らしさ が 出ています




お嬢ちゃんは、まだ2歳とのこと、おばあちゃまが着付けし、被布を着せられました




ふっくらした 絞りの振袖に、ふんわりした これまた 絞りの 被布 が、ほっこりかわゆし



ピンクのコロコロした クマさん みたいで、動く度に、もう 可愛くて、可愛くて。。。。



髪飾りを わざと ポンポンが 見えるように 取り付けてみました






  





やっぱり 絞りは 素敵で 良いよね〜  と 久々に 納得した わたしです。(もはや 婆ごころ…






パパさんも  大喜びで、たくさん スマホで写真を 撮っておられました。



ご家族 皆さん  楽しそうで  こちらも 幸せを 頂きました。。。




七五三  おめでとうございます


健やかで ご家族 お幸せでありますように…

七五三へお出かけ ご家族の着物姿

土曜は、七五三の記念撮影と、神社での参拝を される という ご一家の 着付けが ありました。


主役は、3歳になる お嬢さんですが、写真館で すでに 前撮りを済ましており、今回は更に 違うお着物で 家族撮影をする為、写真館で 着付けを されるとのこと…。 



ご同伴の ママとお祖母ちゃま の 付け下げ の 着付けとヘアメイクを させて 頂きました。(パパさんのヘアセットもでしたね



お母様(お孫さんにとっては、お祖母ちゃま)は、濃い群青色に 宝づくし柄が 袖から裾へと流れるように描かれた  一ツ紋の正統派の 付け下げです



お祝い事に うってつけの お着物ですね。 


帯は、銀や緑などのラメ糸混ざりの モダンにも、粋にもなる 綴れ帯 を 合わせる事になりました。



写真撮影という事もあり、胸元に、柄のないのが 付け下げですので、伊達襟で挿し色を 。。。



小物のバリエーションを多く 揃えて いらっしゃるので、伊達襟は、帯揚げを 代用して、顔まわりを華やかにしました



ヘアスタイルは、ブローでセットして、メイクは 普段メイクの上から、コンシーラーでラインやスポッツを隠し、眉は、通常よりも 長く、心持ち 太めに 仕上げました。





どんな 年代の方でも、通常のお化粧をちょこっと 手直しすれば、やり過ぎない 馴染みの良い 着物に似合う明るいメイクに変身出来ます。。。





ママは、お母様が若い頃に 着られていたという 薄紫の地色の こちらも 付け下げです。



仕立て直しをして、幅出しをされて、娘さんに譲られた とのこと… 娘さんは、今回、初めて 袖を通されました。


ふくれ織のような細かいドットが全体に散らされ、斜めのストライプ調に地模様が 浮き上がって見える 着物地に、お能を舞う 日本人形が 裾元に 描かれて います。



豪華な色とりどりの小菊づくしの袋帯と、帯と同柄のような 帯揚げを大きめに出し 華やかさを出します



編み込みをトップに交えた アップスタイルと、目元パッチリのアイメイクと、メリハリあるベースでメイクをしっかり仕上げ、普段のイメージとは ちょっと違う雰囲気に仕上げました。
  


ご家族でお着物で記念撮影をされるのは、お子さんの初参りに続いて、今回が 二度目。。。


次回は、7歳の七五三  ですね



お子さんの赤い着物の色と調和のとれた 薄紫と濃紺の付け下げ は、家族写真を撮られたことを踏まえてのコーディネート となりました。



良い写真ガー撮れた事と思います。。。  今回も ご利用ありがとうございました









七五三詣 へ ぼかし染め 色無地 の 着物姿

日曜日、三人のお子さんがいる ママさんの着付けがありました。



写真撮影と神社で、七五三詣… とのことで、これまでも 七五三の度に お着物を着て お出かけされてきたので、今回も 着物コーデから、お手伝いしました。





お祖母様、お母様の お手持ちの着物や帯を データ化 しなければ 管理出来ない   というほど 豊富なバリエーションをお持ちのご家庭なので、データ画像を 見ながら、過去の写真を見比べて、幾つかの 候補を選びました。





上のお嬢さんの3歳の七五三の際は、白地に赤抜き つけ下げ柄の江戸小紋 。。。





7歳の七五三は、優しいピンク系の地模様の色無地  を 着られました。












今回は、男の子お祝いとのこと…






オレンジのぼかし染め 一ツ紋 に、 ベージュ系の地色の 大柄な花模様が密に刺繍された 袋帯 に 決まりました。





オレンジに、挿し色として、濃いめのグリーンの伊達襟と帯揚げで、ライン効果を出しました。




無地と同じ価値のある ぼかし染め… お母様譲りのものだそう。。。




帯は、お茶をされていた お祖母様譲り とのこと。。。




ご家族の想いが生かされた  素敵な ハレの日の 着物姿 となりました



ヘアスタイルは、顎上ラインのショートボブなのですが、最初は ダウンスタイルに仕上げましたが、完成後、髪を上げたほうが 刺繍襟もよく見えるし、スッキリ見える となり、襟足を 急遽 まとめ上げました。




お小さいお顔なので、スッキリ お似合いです。





「オレンジの地色が 派手じゃない?若過ぎない?」 と、当初は 困惑気味のご本人でしたが、 髪をスッキリさせて お肌の色が出てみると、馴染みの良い 着物の色で、七五三 らしい  お母さんの 着物姿です。






一番上の お姉ちゃんもネイビーのワンピース姿に合わせて、ヘアセットを。。。



親子揃って、この度も  ご利用ありがとうございました。




数年後の七五三も 楽しみですね




ビンテージ着物で 七五三

七五三の季節です。



先週の土曜日は、11月15日とあって、七五三 の着付けが  朝一番で、ありました。




ネット検索で、当店に辿り着いて  お問い合わせ 下さり、 事前に 、ご家族お揃いで、お衣装合わせに いらっしゃいました。



打ち合わせでは、ご本人は、
『青かピンクが良い

ということで、うちのコレクションのお着物を幾つか羽織られて、青ベースの満開の花模様のお着物を選ばれました。。。




ヘアスタイルは、お母さんとご一緒に 、カタログの中から、お好きなスタイルをご覧になり、 今風のふわふわしたスタイルで、

『編み込みを入れたい…

という  リクエストでありました。




さて、当日は、ヘアセットにメイク、着付けの合間も、お嬢ちゃんお一人で サロンで お支度されました






一年生になっているとのことで、とってもしっかりされてらっしゃる




お選びになった着物は、100年モノのビンテージの子供着物です。  


本絹 で、子供の着物特有の 柔らかさと軽さがあります。




当然ながら、七五三専用のものではなく、当時でいえば、8.9歳の女の子のお着物であったと思います。



赤い紅絹(もみ)の胴裏が 朽ちてしまっていたのを、洗い張りして、綺麗に仕立て直ししたものです。




これまでも、何度か  試着したお子さんはいらっしゃったものの、中断ちの四つ身なので、年長さんの年齢では、大きすぎたり、柄が大きく色が多彩なので、お顔が負けてしまったりと…  なかなか 出番のなかった お着物でした。





ですが、今回のお嬢ちゃんは、 ご本人が 『これが良い  』  と、選ばれただけあって、サイズもお顔写りも、とてもよくお似合いでした。





体つきもしっかりされているので、帯結びも、ヘタれる事なく 背中に収まっています。







リクエストされた ヘアスタイルも、ボリュームのあるスタイルなので、着物に負けず、全体のバランスも良く 仕上がりました。








振も長くて、華やかなので、足元は ぽっくりを。。。  





最初は慣れなかったものの、ぽっくりのまま着付けをして、ちゃんと歩ける様になりました。




お顔には、顔色が明るくみえるように、ピンクベースで下地をして、練りチークを入れ、眉やアイラインには、赤色を少し足しました。



小さなお子さんでも、お着物の際には、お化粧すると、顔映りが良く見えますよね




お母さんがお迎えに来る前に、サロンで仕上げの一枚を写しました



ひとりで、ちょっと、緊張したかな



着付けの後も、ぽっくりを履いたまま、おトイレの仕方を説明すると、すぐさま  『自分でトイレに行ってみる  』 とのこと…



ほんとに、自立心のある  立派な7歳のお嬢ちゃんでありました。。。




七五三  おめでとうございます




〔転載防止のため、画像は、わざと ボヤかしてあります。。。〕



出会いに感謝。。。  お嬢さんの 記念日のお支度に携わる事ができて、ウチの店主も私も 感謝、感激しております。。。





また、機会がありましたら  いらしてくださいね



七五三・七歳の晴れ姿

先日、七五三詣にお出かけになるご家族の着付けがありました[E:notes]。


この日の主役は、七歳を迎えた女の子[E:heart04]



3歳の七五三以来の晴れ着姿です。2b10cdd9.jpg






この日の四つ身のお着物は、女の子のお祖母ちゃんが、七五三でお召しになった[E:sign01]という大切にされたお着物。


わらべ人形が描かれた鮮やかな朱系オレンジ色のお着物です。

桐のぽっくり、バッグや箱せこなどの小物も、当時のままのアンティーク。 

キレイに保存されていたので、この先も受け継がれていくことができると思います。


帯は、7歳になったので つくり帯ではなく、結び帯にしました。

うちの店主が、つくった 黒地にモダンなバラ模様の子供用のやわらかい総柄帯です。


3歳の頃は、前髪を下げた新日本髪スタイルでしたので、今回は、おでこを出した新日本髪です。

つまみかんざしもおばあちゃんが使われたものですが、それにプラスして房飾りや、ちんころなど、盛りだくさんの髪飾りで、あんみつ姫風の定番ヘアスタイルにしました。



7歳ともなると、着物やヘアスタイルのボリュームにお顔も負けてしまうので、薄化粧を施した方が、お着物に負けないお顔写りに仕上がります。

下地代わりに、クリーム系のファンデを伸ばし、眉、アイラインに紅を入れ、紅の上に薄茶色でラインを取ります。

練りチークで、ほお紅を入れ、口紅を小さく縁取って色を挿すと、全体のバランスが取れて、普段顔が、よそいきのお顔になり、写真写りも良くみえます。



ヘアセットやメイク、着付けの際も、とっても お利巧で、長い時間もへっちゃらな様子のお嬢さん。

ママの準備が出来る間も、上手にぽっくりを履いて、歩く練習をされていました。




0f489bb8.jpg ママのお着物は、ピンク系の付け下げ柄に配置された江戸小紋風のお着物。

落ち着いた色合いの帯のアクセントに、キラキラの帯留めをアクセントに、若々しさを出しました。



総柄のお着物に、刺繍襟という華やかさなので、あえて 伊達襟は省きました。






3歳の時には、ご両親と3人でしたが、今では、ふたりの弟さんが増えて、5人家族。。。[E:shine]

お姉さんのお祝いに、弟くんたちも おめかししました[E:flair]。


サロン前でご家族そろっての記念撮影[E:camera]。



おじいちゃん、おばあちゃんもお揃いで、石浦神社へ 七五三詣へお出かけされました。70d4c162.jpg

七五三の準備・・・

早いもので、10月も半ばを過ぎましたね・・・[E:maple]

うちにいらっしゃるお客さまも、口々に、「次にくる時は、寒いわねー[E:snow] とか、「次回は、師走に来ますね[E:dash] などと おっしゃるようになりました。

さて、こちらは、来月、七五三をされるお客様のお着物をお預かりしたので、準備をはじめました[E:shine]。

来年春に、一年生を迎えるという女の子。

3歳の時以来の、お着物となります。

ご実家に揃えてあったという、40年? ほど前の七五三のお着物一式。




d2fd1bd6.jpg
たとう紙には、金沢の老舗の着物屋さんのお名前が書かれてありました。

朱色の地色に花車と加賀人形をあしらった 金沢らしい今では珍しい 古典柄です。

着合わせをしてみたら、襟元が寂しいのが気になったので、ウチにあるレト0ef22094.jpg ロな子供用の総しぼりの帯あげ を、半襟の代わりに 縫い付けてみました。

昔のものは、もちろん絹だし、紅色が濃くて、色艶が違います[E:heart02]
絞りの襟を付けれるのは、若さの特権・・・[E:heart01] ぷっくりして可愛いですね~[E:happy02]

ついでに、着物に付いていた 伊達襟が 目立たないので、ちょっとはみ出し気味に付替えました。 

帯締めは、丸ぐけの紅白なハーフ&ハーフ。



これは、お持ちになったセットに付いていたものです。


こんな丸ぐけの帯び締めこそ、アンティークで、刺繍や色合いが絶妙です[E:good] 


帯は、あえて 現代風の帯を合わせることにしました。黒地に白や赤のバラ模様です。

6c36a745.jpg
そして、足元には、毎度おなじみの 桐のぽっくり[E:sign01] わが店で七五三をされる方のほとんどの方が、これを気に入られます。。。[E:lovely]

でも、実は このぽっくり。。。 ウチの子の七五三の際に、こちらのお宅から、譲って頂いたものなんです[E:confident] 

4286400b.jpg つまり、今回 七五三をされる女の子のおばあちゃまが、七五三の際に履かれていたものを、お孫さんが履かれる・・・[E:sign01] 素敵ですね~



鼻緒が緩んだり、鼻緒留めが千切れたりと、時代モノなので、難有りな代物ですが、しっかりと修復しましたので、まだまだ 活躍できそうです[E:scissors]

今から、肩あげや腰あげをしてしまうと、ちびっこは、すぐに大きくなるので、上げをするのは、もうしばらく 後で。。。

来月、どんな七五三になるか、楽しみですね~[E:heart04]

七五三・ご家族お揃いで着物を・・・

d44ead48.jpg きのうは、七五三の着付けがありました。

先週に引き続いての、七五三のお支度です(先週は、ママさんだけのお着付けでした。明るい朱の色無地が素敵でした。男の子は、写真館で着付けをされるということで、お出掛けされました…)

今日の着付けは、五歳の男の子のみならず、

お母さんはもちろん、同伴されたお姉ちゃんも着物を着ました。

d76b6aaf.jpg お姉ちゃんは、4年生。

身長がとても大きいので、当初予定していた10歳児用の振袖が小さすぎたので、

十三参り用の振袖(80年ほど前の古いアンティークです) を着ることになりました。

この日の主役、5歳の男の子は、「お侍さんになる!」 とやる気満々。1f47d7a0.jpg

いつもは、髪をセットするのを嫌がるようですが、この日は、髪型をセットするときも、鏡をしっかと見つめ、セットに臨みました。本人は、お侍さんのように、ちょんまげスタイルになると思っていたようです・・・[E:coldsweats01]

3人も着付けますので、ご家族総動員で、朝は、お母さんとお姉ちゃんから ヘアに掛かり、続いて お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんとご家族総動員で、男の子を連れていらっしゃいました。

お母さん、お姉ちゃんと順に着付けに取り掛かるうち、男の子が、「ぼくも早く ち(き)もの着たい~[E:sign01]」 「ぼくの刀はどこ[E:sign02]」 と、主役が忘れられてはと、しっかりとアピールしていました。

いざ、着付けに取り掛かると、帯を締めるたびに、「く・く・苦しいっ~[E:bearing]」 と。 何度も繰り返すのが、おかしくて、可愛くて 皆で大笑いしました[E:happy01]。

お母さんは、凛とした 黒地の熨斗目模様の付け下げが、改まった神事にふさわしい装いです。お姉ちゃんは、この年齢によく似合う 友禅の振袖が少女らしくよくお似合いです。そして、凛々しく黒の紋付袴姿の主役も、嫌がることなく、堂々されていました。

2c08c174.jpg a9704dd8.jpg 着物を準備して、着付けるということは、とても面倒なことですが、ご家族揃って、着物好きなので、【行事には、着物で装う】 ということが、子供らにも伝わっているようです。

写真館で、家族写真を撮影し、金沢の中心部にある 石浦神社でお参りされる とのこと。この神社恒例の 【碁盤の儀】(高い碁盤の上から、飛び降りる(ジャンプする) という神事) は、うまく飛べたかな?

ご家族にとっても、健やかに成長した晴れ姿は、嬉しいものですね~[E:note] 

頼もしいご姉弟のご成長、お祝い申し上げます。。。[E:confident]

昨年のおさらい・弐 七五三 三歳 三つ身の着物

60863de9.jpg 昨年のおさらいの続編です。。。

11月末に七五三のお参りに行かれた際の写真を頂いておりましたので、キレイな画像で、お見せしたいと思います。3352be00.jpg

666de427.jpg

2歳(数えで3歳)、はじめての着物姿とは思えないほど、着付けを嫌がらない、じっとしている、草履で歩くのが上手、立ち姿がサマになってるという、オドロキの女の子。。。[E:good]

画像は、着付け中・・・ そして、完成後 店の前でご家族と。

七五三は、3歳、髪結いの儀(髪を結えるように伸ばしはじめる)、5歳(男児・袴、羽織の儀)、7歳 帯解きの儀 がならわしです。

髪も長くて、日本髪のアップスタイル、お顔も舞妓さんのように目じりにも 紅を差しました[E:rouge]。

着物も、本来は帯をしない、被布すがたですが、帯もちゃんとできました[E:shine]

7682be51.jpg 75784278.jpg

その上、神社でのお祓いの後、ご親族のところあちこちへ、お披露目に・・・と、半日は、着物に草履姿でお出かけされていたという、とっても タフで おしゃまな 女の子[E:run]。

画像は、金沢の子なら大体経験済み…石浦神社での碁盤の儀。碁盤の上から、飛び降りる儀式です。

将来の有望株です[E:tulip]

eb6c08dc.jpg

この日、お母さんは お母様譲りの紅白の色目の江戸小紋風お着物。

よく見ると、付け下げのように柄がわりしています。 

華やかな色f465b8ce.jpg合いは、若いママの今の時期にぴったりと合う着物姿です。

画像は、被布に着替えて、ひいおじいちゃんと記念撮影のご様子。

 

ママも着物慣れしているのと、姿勢が良いので 映りが良いですね。。。[E:cherryblossom]

2bcea114.jpg

この日は、11月の最後に日曜日にもかかわらず、写真を見ると、お宮さんには、同じようにお着物姿の七五三参りの方がいらっしゃるようです。

金沢は、割りと、親子で着物姿で七五三に行かれるご家族は、多いほうなのかもしれませんね。

534c2121.jpg 親子で着物を着る機会というのは、考えてみれば なかなか無いもの。良い記念になりますね。

画像ご提供、ありがとうございました[E:confident] 

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: