きものde和モダン

ココログより、ライブドアへブログを引っ越しました。

羽織

金沢の小さな美容室の着物語りに、どうぞ お付き合いください。

新年あけましておめでとうございます 2018年 お正月着物

今年もよろしくお願いいたします


更新が少なく、申し訳ありません


Facebook、Instagram は、時折 画像を更新しています。。。よかったら、ご覧ください。FBから、インスタにジャンプできます。


今年は、新規事業目指して三年目となります。最後の踏ん張りの年…、更新できないことが多々ありますが、どうか お許しを。


必ず、元のペースに復帰できるよう 頑張ります


さて、本当に忙しい年末年始でありました。


ですが、無事に 思うように  数年ぶりに  私自身も好きな出で立ち(着物コーデ)で着物を着る事が出来ました。



私→ピンクの茶屋辻柄の長羽織(母の着物を羽織に仕立て直したもの)に、銀鼠 100年モノのビンテージ縮緬色留 を合わせて…


娘→白地に金銀、色とりどりのおめでたい羽織(昭和50年代のもの)に、金沢ごのみな 臙脂の梅鉢の飛び小紋 を合わせました。


わんこ (顔がヘン!)→デニム着物 ファー襟付き半纏 です   



長くお世話になった 学び舎ともお別れ… 羽織で卒業式に行きました。

卒業式 真っ盛りの 三月でした

個人的にも いろんなバタバタが重なり、FBの更新のみで、ブログをご覧の皆さま お待たせしました。

順次、UP していきます。。。


さて、卒業は、本人にもご家族にとっても嬉しいものですが、新生活を前に、憂いの3月でもありますね


ちょい前の事となってしまいましたが、我が家も、 ひなまつりの日に  子②の 卒業式 を終えました。


FBやTwitterでは、先に 画像を載せましたが、黒い羽織で 最後となる  卒業式に 列席しました。


この羽織を卒業式に着るのは、3回目 でしたっけ??


子①と子②の小学校卒業式に、銀鼠のビンテージの色留 に合わせた ような 覚えがあります。


過去の卒業式時は、当方 30代で、黒い羽織を着て 出掛けたわけですが、四十をとっくに過ぎた 今が一番 しっくり 似合っていたように 思います…



とはいえ、羽裏の柄が、まるで 子供の着物のようで、80年以上前の羽織なのですが、その昔 これを着た女性は、20代前半 だったのかも しれませんねー



今年は、NHKの朝ドラの影響で、「羽織を卒業式や入学式に 着てみようかな?」 と、ご相談される方が 何人かいらっしゃいました。


羽織は、昭和の頃は ミセスの略礼装 として、バカ売れ したブームがあったとかで、現在は 着物の古着屋さんには、黒の絵羽織が 山積みになっています…


箪笥に 黒の羽織や 絵羽織が 袖を通さず仕舞ったまま…という 方も多いことでしょう。


羽織の丈も 長羽織が人気だった 戦前の頃 と、短めが流行した 昭和 3.40年代…というように、羽織のシルエットにもブームがあります。



今は、ビンテージスタイルの着物が再燃していますので、道行きよりも短めで、膝丈 あたりが人気ですね。



羽織は 本来は 着物に合わせて 仕立てますので、古着屋さんの羽織がどれでも 自分に合うわけではありません



羽織の袖から、着物の袖が覗くことほど 見苦しいことは無いので、裄、袖幅、袖丈が 羽織に合わないと かっこいい着姿にはなりません。



わたしは、今回の着物は 卵色の 飛び小紋 を選びました。 小紋でも、柄が少なく、目立たないので、無地に近い 着物です。


店主がお茶をしていた時代の 着物 を  仕立て直してみたものの、最大限まで、身幅や着丈を出してもらったら、大きくなり過ぎ てしまい、ビンテージの羽織の袖から、着物の袖がはみ出まくり。。。


羽織の裾模様のたんぽぽに合わせて、たんぽぽのような卵色を選んだので、どうしても この着物は外せません。


そこで、応急対策に、袖幅をつまみ、縮めてみました   


もちろん、長襦袢も更に短くつまんで 縫ってあります   画像のように、袖の幅を摘んで、短くしました。


寒い体育館の会場、羽織は脱ぐ必要もないので、つまんでおいても 見えませんからね…。



この日の帯は、縞が粋な柔らかな 綴れ帯 。



これまでは、羽織を着る際も、羽織でほとんど見えない帯にも 気合いを入れて 選んでいたのですが、今回は、ゆるっと 柔らかな帯で 小さいお太鼓に結びました。 帯と手提げバッグは、お揃い  です。



まあ、気合いを入れる年齢でもなし、今更 高校の卒業式に着物を着て行くのは、よほどのモノ好き… 


もとい、着物好き だけ… 



ですが、やはり ここは 金沢  


観光客がレンタル着物でぶらぶらするのを 見ない日は無いくらいだから、地元の人も 着なきゃ損 と、思い始めたのか、着物ブームのようで、今年は、珍しく 女性の先生は 全員  袴すがた 



なんと  男性の若い先生も紋付袴   、  同窓会OBや、来賓の方々も、男性も、女性も、何人かが、お着物すがた


父兄も合わせると、会場には、10人以上の方が お着物でしたよ



地域に 開けた 校舎を持つ この高校は、ウチのサロンからは、叫べば聞こえる   距離にあり、子②は、3歳になるかならないかの頃から、春は勝手にひとり遠足、夏は勝手に池で水浴び、冬は大きな庭石を滑り台 にして、その都度、用務員さんや、近所の人に見守られ(注意され )て 育ちました。


姉妹揃って ここに 進学した年数も含めると、かれこれ 15年以上 も この高校には、お世話になりました 



毎日 通った 学路 にある  石川県の書の大家  久田鶴南先生 直筆 の記念碑 の 前で 最後に記念の 一枚を



『松 萌える 苑』  と、思い込んでいたわたし。

『松の 箱庭 』の事だと と、思い込んでいた 子②。

  
   書の先生に確認したら、正解は…


『松籟の苑』しょうらいのえん  …  松に吹く風、松に吹く風の音 が聞こえる 苑 …


今更ながら わかりました…  


 孫弟子 学び足りず…役立たず…   です。



次回は、中学の卒業式にお出かけのお客様を ご紹介します。。。




雪の日のきもの 雨コート派? ショール派? 道行き派?

金沢は、雪[E:snow]舞う 3月です。



『3月なら、雪も無いし、きもので出かけよう[E:sign01]』 と、思って 準備されていた方にとっては、きものの上に何を羽織れば良いか、迷ってしまう[E:shock] お天気ですね。



成人式の、オーストリッチの襟巻きを羽織って以来、という、冬の時期に着物を着る機会が無かったという人にとっては、悩みどころだと思います[E:wobbly]。



『着物の上に羽織るものが無いんです・・・』 と、ご相談を受けることがよくあります。



きものの上に羽織るものは、いくつかあります。どうしてもこれでなきゃダメ! と、言ってしまうと、着慣れていない人にとっては、用意するのが大変だと思いますので、ご自身の持ち合わせで、間に合うものを見つければよいと思います。



a20d4416.jpg ①ショール



一番手軽なものは、ショールではないかと思います。洋服にも兼用できるような、大判の長方形のショールを一枚持っていると、着物にも、洋服にも、膝かけにもなり、便利です。ただし、着物を着る際は、改まったお出かけ という機会がほとんどでしょうから、チェックや水玉などカジュアルなものはダメですね。無地で、落ち着いた色のものをおすすめします。dc427ff1.jpg





画像は、入学式のお着物。無地に近い小紋に、ご自身の手織りのショールです。ショールの色と小物(伊達襟と帯揚げ)を合わせたので、色合いがマッチしています。



もう一点は、秋口に結婚式に出席された方。付け下げに黒い大判のショールを抱き合わせに羽織り、着物の色にあうブローチで留めてみました。コートを着ている様に見えます。





②雨コート(アマゴート)着物用の雨コート 大人かわいい水玉ピンク【送料無料】★



お茶や日舞、お琴などをされる方は、雨でも雪でも着物で出かけなくてはいけないので、着物を汚さないよう、撥水生地の 雨コート を持っていらっしゃると思います。これは、洋服でいえば、レインコートの役目です。着物を濡らさず、汚さないので 雪の日や足元が悪くて、泥ハネを気にするときにも役立ちます。ただし、建物内に入ったら、玄関先ですぐに脱ぐことがマナーです。





③道行 (道行コート・みちゆき)茶屋辻模様道行コート



襟が四角く切り取られている着物用のコートのことです。丈も短めのものから、長いものまで様々です。防寒、雨よけ代わりにもなり、晩秋~早春に着用します。色によっては、礼装用(紫や黒、灰)のものもあります。こちらもコートなので、建物に入ったら、脱ぐのがマナーです。最近では、卒業式の会場が寒いので、洋服でもコートを着たままという方が多いので、何とも言えませんね…



8b1528c7.jpg







④道中着(どうちゅうぎ)



着物の襟のように合わせになっているものです。道行は、ボタンで留めるのに対して、こちらは、紐で結び合わせるものです。道行と同じ役割です。無地の着物を道中着に作り換えることができます。黒など無地のものが一枚あると、礼服にも合わせられて、便利です。着物のホコリ避けとも言われ、大切な着物や帯を守る役目も果たします。



画像は、早春、ご親戚の結婚式に列席されるというお母様と娘さん。お二人とも、黒と紫という 格式ある色あいの道中着で、礼装に合わせておられます。





⑤羽織(はおり)



紋付、絵羽織、長羽織、袖なし(半ちゃ)、茶羽織 などあり、洋服でいうと、改まった席でも可能なジャケット、茶羽織などは、カーデガンにあたります。



無地で紋付のものは、卒業式や入学式向け。結婚式などの留袖には、着ません。友禅柄、絞り、小紋などは、お洒落としての役割りです。羽織は、建物内でも着たままで良いので、卒業式など寒い会場の場合には、役立ちます。ただし、帯が隠れるので、立派な帯の場合は、もったいないですね。



私が子供の頃には、幼稚園、小学校と 母親たちは、無地の着物に黒い羽織 というのa0b1979a.jpg が、定番でした。 きものリサイクルなどが流行った数年前にも、羽織はブームになりました。着物と同柄の長い羽織 というもの 人気でしたね。cb9f2005.jpg



やはり 天気が悪い日は、きものの上に何か羽織る必要はあると思いますね。



お借りしたり、きものリサイクルで購入するのでしたら、自身の着物の袖がきちんと隠れるもの でないと、カッコ悪いですよ。



画像は、絞りの着物に、桜模様の羽織を合わせたもの(入学式)と、銀鼠の付け下げに紋付のアンティーク黒羽織を合わせたもの(卒業式) ワタシのコーデです。








入学式は、桜色の羽織で…

ずいぶんとご無沙汰してしまいました。

長かった春休みが終わって、やっと ひとりの時間が持てました[E:sad]。

それにしても、寒暖の差が激しい春[E:cherryblossom]ですね。

寒くて長く感じた冬の疲れ、春の新生活による緊張の疲れ… 体調を崩す人が多いようです[E:sad]。 わが家も、相方が、急患で、病院に駆け込んだりと、バタバタしておりましたが、今は、すっかり通常仕様です[E:run]。

そんな中、下の子の 中学校の入学式が 先週末、行われました。わずかな晴れ間に、花見を兼ねることができました。Dscn0156

卒業式は、厳かに 暗いトーンの式服を装われる方が多いのに比べ、入学式は、とても華やかですね。 卒業式以上に、着物姿のご父兄の多さに、驚きました。(それと、平日にも関わらず、ご主人揃ってという方が、年々多くなるのに、寒心します[E:happy01])

私は、昨春 上の子の高校入学式に間に合うように、母の着物を羽織に作り直したものを、今回も着て行きました。

「入学式に道行きや、ショールはいりますか?」 と、聞かれることがよくありますが、洋服の場合と置き換えて、同じように考えればよいと思います。Dscn0157

スーツだけの方もいれば、春もののコートを着ている方もいます。ショールもしかり…。まだ肌寒いので、着物の場合でも、お手持ちで間に合うものなら、あると重宝します。

学校はあまりに寒くて、結局、わたしは式典の間も、校内にいる間も羽織をとることはしませんでした。羽織は、脱ぐ必要が無いので、OKですが、道行きやショールは、玄関先で取るのがマナーです。

今回は、澄んだ水色の無地を合わせました。地模様の無地です。元々、ピンク地だったものを、結婚前に、母親が 喪に使えるようにと、水色に染め直ししたのですが、喪用にしては、鮮やか過ぎるし、喪につかうことは無さそうなので、今回 はじめて袖を通しました。

69507b48.jpg 半襟は、アンティークの年季入りの刺繍襟です。金糸・銀糸の刺繍なので、婚礼用かと思います。私も年季が入ってきたので、鮮やかな色あいの刺繍襟が似合わなくなってきたので、古めかしさが肌に合うようになりました。9d044fd8.jpg

伊達襟は、着物の端布を利用して、即席で、作ったら、親に、「邪道だ、伊達襟が出すぎて、みっともない!」 と、叱られました[E:catface]。 綴れの帯にも合っていて、色合わせは、[E:good]と思っているのですが…。

帯留めは、べっ甲の櫛を帯留めにしたものです。こちらもアンティーク。わたしが、リメイクしたわけではありません。5659b0b7.jpg

母いわく、「年が追いかけてくるから、似合わなくなる前にひと通り袖を通さないと!!」 と、申しますので、子供が学校に行っている間は、それにかこつけて 袖を通してしまおうと思っています…。 

(そういえば、先日、武道館での某大学入学式の模様をテレビで見ました。大学の入学式に、鮮やかなピンクのお着物姿のご父兄の姿が映りました。子の大学入学に着物で行くかどうか…? これには、ちょっと考えます。 でも、まあ、その前にウチの場合、行ける大学があるかどうか? 私が今から悩む必要は無いんですけど。。。)

次回は、先週土曜日に、着物姿で、京都まで行かれた方のおはなしです。

ウチの子も卒業です…寒かったので、羽織にしました。

0f8b96ad.jpg きのうは、わが子も卒業式でした。

卒業証書授与では、小さい頃から仲良しだった男の子たちが、すごく成長していたり、幼馴染の女の子が、変わらない笑顔だったのを久々に見て、わが子の姿以上に、じ~ん と来てしまったわたしです[E:weep]。

校長先生が、式辞の中で アンジェラ・アキの 『手紙~拝啓15の君へ~』 の歌詞一部を、穏やかに優しい声でゆっくりと朗読されたのが、とても印象的でした。 生徒たちも、ハンカチを手にすすり泣き、お母さん方も、ビデオを片手に涙ぐみました・・・。

別々の高校になるお母さん方から、「大学で会おうね!」 ・・・うーん無理だと思います・・・[E:coldsweats01]。 「○○ちゃん、ちっちゃい時から、ほんと好きだったの!」 ○○クンのお母さんにそう言われても・・・[E:gawk] などなど、温かいお言葉を頂き、お世話になったご父兄の皆さんと、わたしも最後の楽しいひとときを持ちました。

2bac3fa1.jpg そんなわが子は、というと、式が終了しても、一向に姿を見せず・・・。

a166b70f.jpg 玄関に現れた時には、髪はもさもさ、ネクタイはちぎられ、名札も校章もなく、手には、汚いズックを何足も抱えて・・・まるで、追いはぎに[E:bearing]合ったような姿でした・・・。

カメラを本人に持たせたのが、間違えだったようで、あちこちのクラスを回って、皆と記念写真を撮ったり、後輩の涙の追いはぎに会ったりと、疲れきった様子。わたしとの記念撮影もまともにできませんでした~[E:camera]。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°

f4e60058.jpg  この日用意したのは、前回おはなしした 羽織 が一枚仕上がったので、羽織に合わせて、の総しぼりにしました。 黒っぽく見えますが、真ん中のシボがなので、近づくとちょっぴり赤みを帯びて見えます。(昔、七五三で着た時は、太って見えたので、敬遠していたのです…)

総絞りは、お洒落無地にあたいするかな…とこれにしたわけです。(式には、邪道でしたかね。)

羽織は、色目から本当は、入学式に羽織りたかったのですが、仕立てが間に合わなかったので、先に上がった方をこの日に、おろしました。

母が昔、江戸小紋として作ったものの、地色が気に入らず、染め直したものの、またまた色目が気に入らず、お蔵にしてあったものです。

着物から羽織にするのは、(ましてや、小さいサイズの着物を大きなサイズの羽織に仕立て直すのは) ちょっと、嫌な仕事[E:down] と断られましたが、無理を言ってお願いしました[E:bleah]。

63e57ebb.jpg 羽裏こんな感じです。

それから、急遽、お数珠屋さんに持ち込んで、紐を通して貰った 羽織紐。 古いかんざしだった白珊瑚を羽織紐用に通して、留め具をつけてもらいました。 真ん中にアクセントとなる玉を入れた方が良くなる!というアドバイスで、こんな感じになりました。

d0f8aae9.jpg 今週は、寒い日が続くので、羽織があって、正解でした! やっぱり、体育館は寒かったです。

でも、ヘアスタイルが気に入らない… やっぱ私には、このアシメスタイルは顔が長く見えるので、ボツ[E:shock]。

 

羽織あれこれ

着付け室に下がっているのは、羽織 いろいろ。→ed7cac08.jpg

子供の卒業式に、今回も羽織を着たいと思うのですが、黒の羽織は、今回は着る気にならず…。

(何故なら、前回よりも3つ歳をとったせいで、今年着てみると如何にも、昔のお母さんという感じが滲み出て、ハマり過ぎなのでやめにしました。それだけ、フケたのネ[E:catface])

羽織探しに、Kimonoオフを覗きに行ったら、何故か羽織コーナーだけ、人がいました。

季節柄、羽織が欲しいというのは、おんなじなのかもしれません。

でも、わたしのように上背のある体つきだと、古着の羽織はどれも寸足らずで、裄も丈も納得いくものはありませんでした…[E:weep]。

54305b34.jpg

そうこうしていると、母親が 古い着物をいくつか出してきて、 『いっそ羽織に仕立て直そう!』 と、潔いことを言ってきました。

母や祖母と20cmも身長差があるわたし。

古い着物をそのままにしておいても、着る機会は無いのだから、切り刻むくらいなら、羽織にしよう!という訳です。

中でも、粋な縞の着物は祖母ゆずり。 統治時代に慶州に移り住んだ祖母らは、京都の染め物屋にわざわざ頼んで、この縞に染めてもらい、やっとのことで、慶州まで届けてもらったとか。

たいそう気に入ったのか、日本に帰ってきた記念写真は、この着物姿です。

そんな縞小紋や、江戸小紋、無地などあれやこれやと出してきて、母とふたりで、『これなら、この着物に似合う!』  『いやー、こっちが合わせやすい色や~!』 などと、勝手にみつくろって、意気込んで…

わが店専属の着物コンシェルジュを呼びましたところ、次々と却下!されてしまいました~。

小さい着物は、小さい羽織にしかならないのだ~[E:crying]  でも、諦めない・・・[E:angry]

そんな訳で、しばらく着付け室に羽織を下げていたら、それを見たお客さんが、「ウチにあるかも」 「箪笥の奥におばあちゃんのがあるよ」 とあちこちから 可愛い羽織が集まってきました。

昔の人は、色や柄、生地だけじゃなく、羽裏にもほんとにこだわったことがよ~くわかります。

fcabe342.jpgどれも素敵ですねー。 わたしの体が小さかったら、全部着て出かけて行くのに・・・[E:bearing]

入学式も寒かった・・・。

きのう無事、 入学式 が終わりました。

金沢 は、なかなか 春らしい 陽気が続かず、曇り空 の肌寒い一日。

春の入学時には珍しく、寒いせいか、着物も洋服の方も、コートを着ている人を多く見かけました。もちろん、薄手で春らしいコートですけどね。

この寒さなので、着物に 袖なし羽織 はあったかでした。

でも、わたしの姿を見た、相方(旦那)が 「パッチン!ってやってみて」 としつこく言うので、なぜかと聞くと、その上のやつ(袖なし羽織のこと) まるで ポール牧だよ~!と冷やかされてしまいました・・・。

後で、写真をUPしますね、ポール牧風の。

99a2428b.jpg

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: